冷え性がつらい、どうしても治したい!ならホットヨガが効果アリ?

冷え性がつらい、どうしても治したい!ならホットヨガが効果アリ?

 

冷え性って本当につらいですよね。手足の先が冷える末端冷え性を抱えている人は多いですが、その他にもお腹の冷えや全身の冷えなど、冷え性と一言に言っても冷える場所や程度はさまざまです。

 

そして、こうした冷えは初期の段階だと手足の末端冷え性から始まりますが、冷えの状態が進行するにつれて体の中心に向かって冷えていくため、肩や腰、お腹と言った部分も冷えを感じるようになります。

 

手先や足先といった部分的な冷え性であっても、なかなか温まらなくてじんじんしたり、寒くて夜寝付けず時には夜中に目が覚めてしまうなんてこともありますよね。

 

なかにはあまりにも手が冷たいせいで、パートナーに気を遣って手をつなぐのも躊躇してしまうという人もいるほど、冷え性は寒さ以外の悩みをたくさん生み出します。

 

 

 

そして、そのまま冷えを放って置くと身体が冷えるだけでは済まず、頭痛や肩こり、不眠や生理不順、食欲不振やむくみなど、さまざまな全身症状にまで進行していきます。

 

冷え性で悩んでいる人にとっては、「たかが冷え」とは思っていないと思いますが、まだ症状が軽い人はちょっと温めればいいから大丈夫なんて安易に考えている人もいるかも知れません。

 

ですが、そのちょっとした冷えを早めに改善させないと、先述したようなさまざまなトラブルを引き起こし、ひどい場合不妊さえも引き起こす可能性があるため、すぐにでも冷え性を解消する必要があります。

ホットヨガは冷え性を解消に効果あり?

 

 

そこでオススメなのがホットヨガです。ホットヨガは室温38~40度、湿度55~65度といったちょっと蒸し暑いと感じるくらいの環境の中でヨガをするため、体の内側と外側の両方からしっかり温めることができます。

 

冷え性を解消するために何よりも大事なのは、身体を隅々までしっかり温めること。普段なにをしても温まらないという人は血行が悪いということが原因なので、とりあえずどこか一部を温めるだけではあまり意味がありません。

 

だからこそ、ホットヨガなら全身の血流を良くすることができるので、隅々まで温まり冷え性を改善するという効果が期待できるのです。

 

 

 

また、ただ室温が高いから温まるというだけではなく、ホットヨガは呼吸法も大事になってくるため、正しい呼吸法と合わせてヨガのポーズをとることで全身に酸素が行き渡り、体の隅々まで血液を行き渡らせることができます。

 

さらに、ホットヨガは普通のヨガよりも汗をかきやすいため、体の中に溜まった老廃物を汗と一緒に流しだすことで、むくみも落ち着きさらに血流もよくなります。

 

このように、温かい環境・呼吸・ポーズ・汗の排出というさまざまな相乗効果によって血液がめぐるため、ホットヨガは冷え性に対して効果が期待できるというわけです。

 

普段お風呂に浸かったり、腹巻を巻いてお腹を冷やさないようにしたり、温かい物を食べたり飲んだりしても、なかなか冷え性が良くならないという人は、一度ホットヨガも選択肢として入れてみることをオススメします。